2007年07月14日

船舶用照明

light-01.jpg

讃岐舎のポーチライトは船舶用のデッキライト。真鍮クロームメッキのシンプルなデザインです。そもそも船舶用に作られたものなので必然的に潮風など過酷な条件に耐えられるようにつくられています。
必要性のみから生まれた形で、デザイナーの恣意性がそこに働いていないのが良いのです。「バナキュラー(土着的)」とか「アノニマス(匿名性)」という概念にちかい美学がそこにはあると思うのです。
それは讃岐舎のコンセプトにピタッとはまるデザインだったわけです。

そもそもこの照明器具に出会ったのは1987年頃、建築家 長谷川逸子さんの建物に使われていたのを見たのが初めてでした。照明器具ではなく光の形がとても良いなと思ったのでした・・・。
light-03.jpg


light-02.jpg

以来、好んで使うようになったのです。
メーカーは「東京船舶電機」、秋葉原にあるのです。
【関連する記事】
posted by クラブ代表 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 讃岐舎のこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53888287

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。